1967

ブックマークに追加する

品番:AS159

1967
トヌー・ナイソー・トリオ

Tonu Naissoo : piano
Taavo Remmel : bass
Ahto Abner : drums

録音年:2017年 発売日:2017.11.24

変わらぬ熱き想いを、あなたに。
時代が、音楽が大きく動いた1967年。
輝かしき日々への憧れを込め、TONU NAISSOOが贈る、最高のトリオ・ミュージック!

価格 2,571円(税込)

11月22日(水)より発送致します。 

試聴
ライナーノーツ
ブックマーク

※商品は11月22日(水)より発送致します。他の商品をご一緒にご注文された場合は、その商品の発送も22日に同梱の上発送となりますのでご了承下さい。クレジットカード・ペイパルでのお支払いの場合、お間違いのないようにお願い致します。

 類まれなる作品。TONU NAISSOO の新作を初めて聴いたあと、素直にそう感じた。このアルバムには明確なテーマがある。タイトルの示す通り、それは1967年だ。TONUさん(と、どうしても呼んでしまう)にとっての音楽的原点になった年であり、そして、カウンター・カルチャーの世界が大きく動いた一年間、それが西暦1967年だった。

サマー・オブ・ラブ、ヒッピー・ムーヴメントが沸き起こり、社会に、芸術に、大きく影響する。もちろん、音楽も例外ではなかった。若い力で世の中が変えられるかも知れない…そんな予感と熱が特別な音楽を生み出した。エストニアという、当時はソヴィエトの支配下にあった場所からそれを感じるとするなら、TONUさんの憧れは一層強かったに違いない。そこから始めた自らの歩みを跡付けるように、チョイスされたナンバーたち。シーンの中心だったサンフランシスコ(Tr.02)ではシスコ・ロックが生まれ、反体制ミュージカル「ヘアー」(Tr.06)が上演され、ジミ・ヘンドリクスが登場する(Tr.08)。創造力の頂点に達したビートルズがアルバムSgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band(Tr.07)を送り出し、ストーンズ(Tr.09)さえもフラワーな響きを奏で、我らがマイルスのクインテット(Tr.10)は円熟の極みを描いた。

それから50年、未だノスタルジーとは呼べない想いが我々を捉えて離さない。それは記憶の一点ではなく、現在から更に先へと延びる道程の基点だからだ。TONUさんのトリオは愛おしむように最高の素材をCookして心に火を灯してくれる。間違いなく永く愛聴に耐える素晴らしいCD。是非お手元に置いて戴きたい。

Text by 北見 柊

 
For international Buyers

facebook

オンラインストアヘルプ

つながりナビ

ピックアップ

copyright© 2013 SAWANO KOHBOH All rights reserved.