CLOSE TO ME

品番:AS156

CLOSE TO ME
ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ

Jos van Beest : piano
Erik Schoonderwoerd : bass
Ben Schroder : drums

録音年:2016年 発売日:2017.7.21

鍵盤の上に乗せては紡がれる
愛すべきジャズのエスプリ
かならず大好きな一曲と出逢える

価格 2,571円(税込)

発売延期 

試聴
ライナーノーツ
ブックマーク

※こちらの商品は発売延期となりました。発売予定日が判明次第お知らせいたします。

ジャズの土壌に色とりどりの花を咲かせるオランダのピアニスト、ヨス・ヴァン・ビースト。彼のピアノはふとした瞬間に、どういうわけか本当の言葉のように聴こえてくることがある。これは私の勝手な想像なのだけど、彼の「ピアノ」は彼の「声」なんだと思う。また別のふとした時には、その愛しいメロディをつい口ずさんでしまう自分がいる。それがヨスの音楽だ。トリオとしては約4年ぶりとなるこのアルバムには、愛しいスタンダードやオリジナル、そしてザ・ビートルズのカバーという全11曲が綴られている。
ハリー・ウォーレンの作の“You’re My Everything”はオープニングに相応しいゴージャズなナンバー。憧れのジャズクラブに初めて足を踏み入れた時のような、ジャズの紳士らしい雰囲気がある。オスカー・ピーターソンの名曲“L’Impossible”は私のお気に入りだ。冒頭の旋律が紡がれた瞬間に明るい切なさがあふれ出し、泣きたいような何とも言えない気持ちになる。鍵盤に乗せられたメロディが舞っては消える儚さは、ボサノヴァのリズムが現れてからも一層、その美しさを際立てている。選曲において“Just Friends”と“On The Street Where You Live”は全体の大切なアクセントになっていると思う。ジャズのエスプリと自由なモチーフが瑞々しく、どこかノスタルジックな感情を含みながら、誰もが胸躍る演奏を聴かせてくれる。
別々の環境に生きてきた人が、何かに手繰り寄せられるようにヨスのピアノと出逢う。それはとっても素敵なこと。だってこのアルバムには、かならず大好きになる一曲が入っているのだから。

Text by 小島 万奈

 

copyright© 2013 SAWANO KOHBOH All rights reserved.