SOMETHING BLUE

品番:AS142

SOMETHING BLUE
フランチェスカ・タンドイ・トリオ

Francesca Tandoi : piano, vocal
Frans van Geest : bass
Frits Landesbergen : drums

録音年:2014年 発売日:2014.12.12

妖しくも美しく、様々な表情で魅了するヴォーカルとピアノ_…
才能あふれるフランチェスカ・タンドイの魅力がたっぷりと詰まった一枚。

価格 2,571円(税込)

試聴
ライナーノーツ
ブックマーク

ダウン・タウン・ブキウギ・バンド、1977年(おいおい、もう40年前かよ!)の大ヒット曲、「サクセス」をご存知か?夫の宇崎竜童が曲をつけた阿木耀子の歌詞は、いつも女心を描き出して鮮やかなのだが、この曲ではかく歌う。曰く、「女は昨日の顔で待つ」「女は今日の顔で泣く」「女は明日の顔を持つ」。困るよな、こういうのが。何です?女性は昨日・今日・明日で顔が違う?じゃあどれが本当なのよ?貴女は「全部ホント」ときっと仰るであろう。デビュー後、あっという間に来日公演が決定し、言わばその記念盤として制作されたFrancesca Tandoiのセカンド・アルバムを聴いてそんなことを考えた。

前作は基本的にピアノ・トリオとしての作品で、うち、数曲でヴォーカルが披露されている。なので、ヴォーカルはピアニストの余技というところか、と思っていたら、今度はそのバランスが逆転、収録曲の殆どが彼女のヴォーカルのショウケースとなっている。となると、彼女はピアノも弾けるヴォーカリスト・・・?いや、そうした「縛り」みたいなものこそ、男なる身のわがままなのか。だって、どちらも良いからね。FrancescaはFrancesca、それだけのことよ、そんな彼女の囁きが聞こえる気もする。でも、たとえばBlossom Dearieのように、ヴォーカル・スタイルとピアノがキレイに一致、という感じでもない。そこがまた魅力で、数々のスタンダード・ナンバーでキュートなヴォーカル(という表現が良く似合う)を聴かせる一方、前作に引き続き、自作曲ではブルージーなピアノ・ソロを楽しませてくれる。

世の殿方よ、所詮我らはいくつもの顔を持つ女性に翻弄されるが運命なのだ。ならはそれを歓びとしようではないか。妖しく美しい、Francescaの音楽に導かれながら。

Text By 北見 柊

 

copyright© 2013 SAWANO KOHBOH All rights reserved.