ZOOT SIMS On Ducretet Thomson

Mellow70% Pleasant30%

有効時間帯PM10時〜AM1時

品番:AS101

ZOOT SIMS On Ducretet Thomson
ズート・シムズ

Zoot Sims : tenor sax
Jon Eardley : trumpet
Henri Renaud : piano
Benoit Quersin : bass
Charles Saudrais : drums

録音年:1956年 発売日:2010.8.27

【CD版】
真夜中のリラックス・タイムが待ち遠しい、逆らいがたく、得難い魅惑。テナーサックスの味わい深い語らいにただ耳を傾け、浸るのみ・・・。

価格 2,571円(税込)

試聴
作品解説
ライナーノーツ
ブックマーク

レスター・ヤングに大きな影響を受け、数々のビッグ・バンドに参加し名声を得たテナー・サックスの名手、ズート・シムズ最高傑作を復刻!

オリジナル盤は超少数のみしかプレスされず、演奏内容は勿論、コンディションにも拘るレコードマニア達が、血の滲むような思いをして追いかけ続けた幻の名盤。この8月、遂にあなたの手元にお届けする事が出来ます!多くの皆様にこのアルバムの素晴らしさを聴いて頂きたく、CD&10インチLPと2枚同時発売が実現しました。

このグループの完璧すぎるほどのチームワークの中、リラックスしたまろやかなテナーが、暖かな空気のように立ち昇りあたりを包み込むと、ルノーのピアノが典雅に響き渡る…。一番脂の乗った時期と言われている1956年に録音されたこの「デュクレテ・トムソン」盤には、バラードにもミディアムテンポにも、彼の深みのあるテナーの魅力が余すところ無く満たされています。


ジェリー・マリガン・セクステットの一員としてフランスを訪れていたズートがツアー中、誘われるままに、相棒ジョン・アードレイ(tp)と共に夜中、ホテルをこっそり抜け出して行われたセッションは、アルバム「Night Session In Paris」となりました。道すがらどんな事を囁き合いながらスタジオに向かったのでしょう、少し気が咎めつつも悪戯心(?)にワクワクしながらセッションを楽しんだのではないでしょうか…。その高揚感は翌日録音されたこの「デュクレテ・トムソン」盤に確かに引き継がれています。目を閉じ聴き入るうち、真夜中にこっそり噛み締める「してやったり」的な嬉しさを、ズートと共有しているような気持ちになれるようです。

※フランス直輸入盤

 

copyright© 2013 SAWANO KOHBOH All rights reserved.